2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月3日 ひな祭り チラシ鮨
3月3日のひな祭りに散らし鮨を作りました。

今年は少し豪華、昨年 生鮭を購入して筋子からイクラを作ったのを
冷凍保存していたのでチラシ鮨にイクラがのっています。

DSCF0348.jpg

DSCF0349.jpg

DSCF0350.jpg

DSCF0353.jpg

DSCF0352.jpg

DSCF0354.jpg
スポンサーサイト
いくらを食べたくてメスの鮭を注文! 11月11日届きました。
いくらを食べたくてメスの鮭を注文!

3キロ以上の新鮮な鮭1匹届きました。
お腹の中から粒の大きな筋子がタップリ。

注文先からうれしいおまけ付き。
ブリの子供のヤズ+ヒラメが一緒に届き
ヤズは味噌漬けにヒラメは煮物に!

鮭が届いたので包丁を3本丁寧に研ぎ

玄関先で腹から筋子を取り出しました。
台所では鮭が大きすぎたため。

鮭が新鮮な為、筋子からイクラにする処理が簡単だったそうです。
鮮度が良くないと筋子をバラスのに時間かかったり
イクラが潰れたりするそうです。

家内が昼すぎから鮭の処理にかかり鮭の切り分け・カレイの煮つけまで
夕方までかかり少しブツブツ小言を言われましたが右から左へ・・・・・

鮭尻尾+ヤズの頭(煮つけ)と尻尾は焼いて外の猫におすそ分け。

メス鮭の値段2600円+箱代400円+送料1580円
合計4580円

とてもお得な買い物でした。


DSCF9897.jpg


DSCF9895.jpg


DSCF9889.jpg

筋子がタップリ

DSCF9884.jpg

DSCF9885.jpg

DSCF9887.jpg

粒の大きなイクラがとれました。 夜イクラどんぶりにして美味しく頂きました。

DSCF9886.jpg

ヤズ
とヒラメ

DSCF9892.jpg

DSCF9893.jpg

DSCF9894.jpg

肉厚のヒラメとても美味しい。

DSCF9900.jpg


ノン
にもおすそ分け

DSCF9903.jpg

 
 ボス君はカリカリ以外興味がありません。

DSCF9904.jpg

ある日の出来事
今年の夏、天の恵み。
天然の大きなマンゴ。

スーパーで売ってるマンゴーとは一味も2味も違います。
大きさも2倍以上。
2人で大変おいしくいただきました。
ご馳走様でした。


DSCF5472.jpg


DSCF5534.jpg



DSCF5535.jpg
大きなヒラメをGet!
近くのスーパーで大きなヒラメをGetしました。

DSCF5056.jpg   DSCF5052.jpg
よろしければポチっとご支援お願いします。
人気ブログランキングへ

袋に入りきらないぐらいの大きさです。
これはヒラメのアラだけです。
ブランド、ヒラメですがブランド名は記憶していません。
こんな大きなヒラメは↓の価格で売ってる事は一度もありません。
側にヒラメの刺身はたくさんありました。
このヒラメで刺身を取った事をアピールしたかったのでしょうが
私達が買ってしまい魚屋さんの思惑ははずれたかも・・・・・
ちなみに価格は298円でおいしくいただきました。


料理方法はヒラメの煮付け。
猫も私達もおいしくおいしくいただきました。
冷蔵庫を開けたら奥から賞味期限3年以上の羊羹を発見しましたので勇気を持って食べました。
冷蔵庫を開けたら奥から賞味期限3年以上の羊羹を発見しましたので
もったいないのと身体に異変を起こすかどうか試すつもりで食べるのに挑戦
してみました。


ddhre.jpg DSCF4695.jpg DSCF4694.jpg

抹茶羊羹  3年以上賞味期限すぎています。 美味しく頂きました。
1日経ちましたがなんともありません。
家内は1口も食べませんでした。

お茶は今年取れた新茶です。ご近所からたくさんお茶の新芽をいただき、
家内が苦労しながら茶モミをしながらお茶を作りました。
新茶+添加物( 愛情 )=美味しくいただけます。
ヨモギ餅 ヨモギ餅の作り方。 
ヨモギ餅をまた食べたくなったので車の通らない(排ガス)自然環境満点の河川敷で
新芽のヨモギをバケツ半分摘んで帰りました。
一度に消費するには多すぎるので半分は冷凍したようです。

[簡単、電子レンジと100均土鍋で作るヨモギ餅]

DSCF4515.jpg     材料(ヨモギ餅 6~7個くらい)
     ヨモギ・・小さいボール一杯ぐらいか?
     もち粉・・・普通に売られている袋に入っているもので半分使用
     水・・・130~140CC
     つぶあん(缶詰め)
     片栗粉            ※ きなこ (お好みで)
作り方
よもぎきざむ      摘んできたヨモギの新芽部位を良く洗い、1~2分ぐらいたっぷりの
     お湯でゆでてから 流水にさらしあくをぬきます。
     ※ 香りを楽しむにはゆですぎない事。(この時期の新芽の場合です)
     細かく切り、たたいておきます。

DSCF4495.jpg     もち粉に水を入れて、よく混ぜます。 
     ※ ほとんどレンジで使用するのは100均で買った土鍋です。
     とってもべんりちゃん!!
    何でも美味しくレンジ調理できますよ!!
           
DSCF4494.jpg     蓋をしてからレンジで1分チンしたところです。
     熱を通すとどんどん固まってくるので
     私は1分ごとに取り出してかき混ぜます。
     最終的に極めの細かいねっとりしたお餅にする為は
     とにかくよく練り上げる事がポイントです。
     ねりねりと・・うん゛汗がでてきました~。 ※結構力仕事です。
   まだまだ 
DSCF4497.jpg  DSCF4498.jpg 
 チンの間にすり鉢でヨモギをすります。 香り、色を出す為です。
DSCF4502.jpg     
     つやと透明感がでてきました。
     お餅の完成です。
     今回はだいたい6分ぐらいです。
     つや、透明感、食べて粉っぽくないかどうかを
     みてください。

DSCF4503.jpg     ヨモギと混ぜます。

     べたべたしてますので 片栗粉を用意してください。
     手水をつけると固まりますので 当分に分けます。
     手で円状に広げて あんを詰めて丸めます。

DSCF4507.jpg
形成が苦手です。
ちょっとあんこが飛び出てしまいました。

  DSCF4510.jpg           DSCF4512.jpg 
   出来上がりです       梅と日本刀ではなくヨモギ餅と日本刀
DSCF4518.jpg
     きなこをお好みでかけて
     もっと!!あんこを~!!
     というご希望であんこも追加しました。
               うまい

よろしければポチっとご支援お願いします。
人気ブログランキングへ
ヨモギ餅 近くの磨崖仏を見に行った帰りにヨモギを採取
自宅の近くに磨崖仏があるのですが一度も行った事がなかったので
家内と一緒に散歩を兼ねて磨崖仏見学。
DSCF4452.jpg DSCF4456.jpg DSCF4453.jpg DSCF4458.jpg
 木々に囲まれた小道   シュロの木        釈迦如来像         大日如来像         
散歩の帰りに車の排ガスで汚染されていない場所で、ヨモギを見つけヨモギ餅を作ろうと
ヨモギを採取。
帰宅後、↓のヨモギ餅ができました。初めて家内が作りましたが買って食べるヨモギ餅より数段美味しいです。
近くにヨモギがあれば挑戦する価値はあります。
安価で着色料の入っていない安全なヨモギ餅が食べられます。
作るのはいたって簡単。ネットで調べればすぐでてきます。

DSCF4461.jpg
今日の朝食 甘夏ジュースにカスピ海ヨーグルト+ヨモギ餅
今日の朝食 甘夏ジュースにカスピ海ヨーグルト+ヨモギ餅

DSCF4296.jpg  DSCF4420.jpg  DSCF4423.jpg

甘夏ジュース+甘夏+カスピ海ヨーグルト
いつもでしたら餅などはすぐには食べないのですが今日は
ヨモギ餅が買ってあったので欲望に負け
昨年の手作りの釜茶と一緒に食べました。

今年もご近所の方が田舎からお茶の葉を摘んでくれるそうです。
今年は上手く新茶の釜茶ができるかどうか楽しみに?しています。

DSCF4125.jpg  DSCF4428.jpg  DSCF4429.jpg
                    ワカメは大きな石と共に流されてきます。
昨日、天然ワカメを獲ってきました。日差しが強くなりましたのですぐに
乾きます。

家内の身内に天然ワカメ+ひじき+無農薬の甘夏を贈ったら大変美味しいと
喜ばれ、ワカメはすでに消費してしまったようなので
汐を見てワカメ+ひじきを獲りに行こうと思っています。


海の幸満載のお昼の食事 メニュー
今日は海の幸満載のお昼の食事 メニュー

火曜日の海の幸が今日のお昼のメニューにのりました。

ヒジキの下処理は全部、家内が担当、量が多いので悪戦苦闘、夜7時からヒジキの芽の取外しから
あく取り煮込みまで延々と・・・・・終了したのは0時少し前。

ご苦労様と声だけかけました。心がこもっていたかどうかは不明です。

DSCF4106.jpg  DSCF4107.jpg

ヒジキの炒め物   ワカメの味噌汁、ごはん、納豆、クロメを刻んで醤油かけ粘りをだした物
クロメの酢の物、ヒジキの炒め物。
美味しくてごはん2杯いただきました。
時々、昼に肉の炒め物も食卓にあがります。

他家の朝食のメニューが当家では昼食。朝、野菜ジュースを飲んでいるので
これで十分です。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 猫ブログへ
カテゴリー
プロフィール

pantiyan

Author:pantiyan
こんにちわ。現在子なし夫婦が3匹の猫達と暮らしております。
それぞれ人間含めて野良でしたが縁あって一緒に暮らす事となりました。
年長から"なな""のん"※別名:のん太、のんプーチン、のんプーチン太郎)"ボス"です。全員個性的な面子でして・・まあどたばた大変な日々ですが、やはり癒される事も事実でございます。
ななは2012年1月永眠。
その後、ミニが赤ちゃんを産み家猫3匹。
ほぼ家猫状態の黒猫のチビ、キジの雌猫、ミニ。
合計5匹。
赤ちゃんが7匹生まれ現在12匹

12月11日♂2匹里親
12月15日♂♀2匹里親
家内 寂しく泣いてます。

12月16日♂♀2匹里親
ビールの飲酒量が増えてます。
(寂しくて)

平成26年6月現在。
老猫ノンたん・ボス君
赤ちゃんを産んだ雌猫ミニ長男・黒猫ナツ次男?我儘な黒猫チュパ昨年暮れ小さくお腹を空かして迷い込んだ黒猫チッチャイ君
合計6匹と生活しています。

黒猫のチビも時々、ご飯を食べに帰ってきます。

最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
スポンサードリンク
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。